問い合わせ先 総務課危機管理係  電話:6-0101)

 防災行政無線は、役場などからの行政情報やくらしに関連する情報あるいは災害が発生したときの緊急連絡を各家庭の戸別受信機をとおして提供しています。 

防災行政無線が故障したとき

 無線に雑音が入ったり、聞こえなくなったりしたら次のことを確認してください。

  1. 戸別受信機の表ふたをあけ電池を交換してください。電池が切れていることがあります。 (電池が切れると、赤いランプが点滅します)
  2. 急に雑音が入るようになった場合は、ご家庭内に新しい電気機器(BS/CS 放送アンテナ、FAX 等)か ら電波が出て雑音が入る場合があります。場所を移動してみてください。
  3. 上記のことを行っても状況がわからないときは、役場総務課までご連絡下さい。

 ※ 住所移転や転出をするとき町の防災行政無線は町が貸与するものですから、転出等をされるときには 必ず連絡をして、転出する時期を連絡され、後日、返却していただくこととなります。町営住宅にお住まいの方は、次に入居される方が、使いますので住宅にそのまま置いておいてください。

 ※ 町内での住居移転で地区が変わるときは、戸別受信機の設定を変える必要がありますので、役場総務 課までご連絡下さい。

戸別受信機(防災行政無線)

防災行政無線

1.各部の名称と役割

番号  名称  役割 
1 電池ボックス  中央を押しこみながら左側にスライドさせて乾電池を交換します。 
2 各種ランプ 
  • AC電源ランプ…電源プラグがコンセントに繋がっていれば緑色に点灯 します。
  • 乾電池ランプ…乾電池が切れた場合に赤色点滅します。
  • 録音ランプ …緊急通報等が録音されている場合に黄色点滅します。

通常は AC 電源ランプ(緑色)のみが点灯し ています。ランプがすべて点灯または点滅 したときは異常・故障です。 

3 音量つまみ  右に回すと音量大、左に回すと音量小になります。 
4 緊急音量解除ボタン  緊急通報受信中に押すと受信音量が音量つまみの位置の大きさになります。 
5 電源スイッチ  本体右側の黒いスイッチです。上下させるとON/OFF が切り替わります。 
6 ロッドアンテナ  本体上部の銀色アンテナです。電波受信感度を補完します。 

2.故障とお考えになる前に

 戸別受信機の調子が悪い時は、すぐ故障と考えがちですが、修理を依頼される前に、もう一度次のことを確認してみて下さい。ちょっとした操作 の間違いや、接続不良等により不具合を起こしていることが多くあります。

症状  原因  処置 
 音が聞こえない  電源スイッチが入っていない  電源スイッチを「入」側にして下さい
 電源プラグがコンセントに差し込まれていない  電源プラグをコンセントにしっかり差し込んで下さい
 音量つまみを左に回しすぎている  音量つまみを適切な位置に戻して下さい
 放送中に雑音が混じる  電波の受信感度が悪い   ロッドアンテナを伸ばし、垂直に立てる等して感度の良 い地点を探ってみて下さい
 放送終了後に、「ザー」と大きな雑音が鳴る  放送終了信号を受信できていない(受信感度が悪い)  一旦、電源スイッチをり、 受信機本体を宅内の別の場所に移してから電源を入れ て下さい
 乾電池ランプが赤色点滅している  乾電池が消耗している、又は入っていない  乾電池を入れ替えて下さい
 録音ランプが黄色点滅している  緊急通報等が録音されている  一度再生すると消灯します
(消灯しなくても問題なし)

 上記のことを試しても状態が良くならない場合や、使用についてわからない場合には役場総務課までご連絡下さい。