ホーム > 西ノ島町について > ふるさと西ノ島基金わがとこ

 

「ふるさと西ノ島基金わがとこ」創設のご案内と寄附金募集

 

ふるさとづくりに参加しましょう!

 

私たちの住む西ノ島町は島根県・島根半島北方約65Kmの日本海に浮かぶ隠岐諸島の西ノ島に位置し、1島1町で形成される人口3,200人あまりの小さな町です。

昭和38年には大山隠岐国立公園に指定され、その中核を形成する国賀海岸は断崖・絶壁、奇岩・怪岩が延々8kmにも及び、荒々しく美しい自然景観に恵まれた風光明媚、歴史と文化・人情にあふれる町です。

昭和30年代後半から国内経済の高度成長に伴い人口の流出が続き、過疎と少子・高齢化の進むなかで、漁業・観光・畜産を主産業としています。

特に、漁業は日本海でも屈指の漁場を周辺海域に控えていることから、山陰地方でも有数の漁獲高を誇り、最近ではU・Iターンの方々の就業も増える傾向にあります。

このような状況の中で、町内の住民の皆様をはじめ、ふるさとを離れ遠くで暮らしている方々、西ノ島町に愛着と共感を抱く広く一般の方々に、医療・福祉、環境保全、産業、教育・文化の振興、災害復旧などの施策に寄附金を通じて参加していただき、より多くの皆様と協働して「夢と笑顔のあふれる町づくり」を目指すため、平成20年度「ふるさと西ノ島基金わがとこ」制度を創設しました。

この制度は、私たちの住む西ノ島町の発展や、歴史的な資産の継承を願う方々に寄附金を募り、その財源をもとに先に述べた事業を実施するものであります。

皆様方のご理解とご協力を是非とも賜りたく、ご案内をいたしますとともに寄附金の募集をするものであります。

 

◆ネット申し込み、クレジットでのお支払いを行いたい方はこちらへ

 

ふるさとチョイス【西ノ島町の画面】 

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/32526

 

制度の概要は次のとおりです。

 

  • 寄附金を財源として実施する事業
    • 医療・福祉に関する事業
    • 環境の保全に関する事業
    • 産業振興に関する事業
    • 教育・文化の振興に関する事業
    • 災害復旧事業
    • その他町長が必要と認める事業
  • 寄附申込書」で寄附金の使途を指定してお申し込みください。 後日、振込用紙等を送付させていただきます。
  • 寄附を希望される方には、上記の6項目の事業の中から事業の指定をしていただきます。(事業の指定がない場合には町長が指定を行います。)
  • 寄附をいただいた浄財は、予算で定め金融機関への預金等確実な方法により基金として保管させていただきます。
  • 基金の積立及び事業を実施する場合は、予算で定めて実施します。
  • 寄附をいただいた方々には、基金の状況や使途などを少なくとも年1回はご報告いたします。
  • 基金の状況、実施事業等について、毎年度、総合誌を通じて公表をいたします。
  • 地方公共団体に2,000円以上寄附をされた場合には、税制上の優遇措置が適用されます。(2,000円未満の場合は適用されません。)
  • 寄附をしていただいた方で、公開を希望される場合は総合誌により公開をさせていただきます。(市町村、氏名又は団体名)

問い合わせ先

 

西ノ島町 財政課 電話:08514-6-0105 FAX:08514-6-0683

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない場合はこちらのバナーのリンク先より入手してください。(新しいウィンドウで開きます)



 

△このページの先頭へ